外壁リフォームの悪徳業者に騙されて高い費用を払わないために

外壁のダメージをチェックしよう【外壁リフォームの悪徳業者に騙されて高い費用を払わないために】

外壁のダメージをチェックしよう

日頃から家の掃除は欠かさず、常に綺麗に保つようにはしているけれど、外壁のことまでは考えたことがなかったという人は少なくないと思います。

 

しかし、外壁は毎日のように雨風や紫外線にさらされており、想像以上に大きなダメージを受けています。

 

そこで今回、外壁のダメージ度合いを確認してみましょう。

外壁のダメージの症状

・藻やカビが生えているところがある
・色あせが酷くなっている
・広範囲に渡り汚れが付着している
・塗装の剥がれ、ふくらみが見られ、ひび割れをおこしている
・鉄部に腐食やサビがおこっている

 

このような状態が見られたら、そろそろ外壁のリフォームを行った方が良いでしょう。

 

このまま放っておいてさらに劣化が進んでしまえば、現段階よりも多額の費用を補修工事に費やさなくてはならなくなる可能性があります。

 

自分の目で良く確認して、できるだけ早く、専門の業者に相談することをおすすめします。

 

それでは外壁がダメージを受けるとどのように変化するのか詳しく説明していきます。

 

1. 藻やカビが生えた外壁

 

藻やカビは陰になりやすい陽の当たらない場所に多く発生します。

 

特に北側の外壁に発生しやすいと言えるでしょう。

 

また、植え込みや垣根などにも良く生えるので、お手入れがとても厄介です。

 

もし藻が発生しているのを見かけたら、塗り替えを行う際に、まず塗装面をバイオ洗浄した上で塗装するようにすると良いでしょう。

 

2. 色あせの酷い外壁

 

外壁に色あせが起こると塗装の表面から艶がなくなってしまいます。

 

それに外壁がすぐに汚れやすくなるため、全体的に薄汚れたように見えます。

 

3. 塗装面が剥がれた外壁

 

通気性の悪い塗料や厚膜の塗料を使用すると塗装の剥がれが起きやすくなります。

 

4. 塗装面がふくれた外壁

 

塗装時に水分が付いていたり、湿気が多い時に塗装工事を行ってしまうと塗装面が膨れてしまうことがあります。

 

また、使用する塗料が適切でない場合にも起こりやすくなりますので、このような状態になっていたらただちに処置をするようにしましょう。

 

5.  塗装面がひび割れている外壁

 

モルタル壁に良くひび割れが起こります。

 

6. 鉄部がサビた外壁

 

一度サビてしまうと、そのサビはどんどん広まっていきますので、塗装の際にはまず丁寧にサビを落とした上で、効果の高いサビ止めをして対処します。

 

7.  金属部が腐食している外壁

 

一度サビが発生すると進行が早く、さらには腐食も起こりやすくなります。

 

腐食が酷くなれば塗装面のみならず金属部まで腐食してしまうので、腐食が見つかったらただちに処置をしてください。

 

放置しておくと家屋全体にダメージを与えることになり、修繕費用も莫大になってしまいます。

 

8. チョーキングが起こる外壁

 

チョーキングというのは、手で外壁をこすると白い粉のような物が付くことです。

 

実はこのチョーキングは外壁塗装の防水効果がなくなった時に起こります。

 

ですから、外壁を触って白い粉が付くようであれば、外壁のリフォームを検討すべきでしょう。

 

できるだけ早めに対応すれば費用も抑えられます。

 

このように、外壁のダメージには色々とありますが、一般的には家が建ってから10年が外壁のリフォームのタイミングだと言われています。

 

もちろん立地やその土地の気候に応じて対応する必要がありますが、いずれにしても大事な家を長持ちさせるためにも日頃から外壁がダメージを受けていないか確認を行うことが大切です。

 

10年というのはあくまでも目安ですので、自分の目で確かめましょう。

 

もちろん、素人では判断しにくい症状もあると思いますが、先述したようなことはしっかり見ていれば判断できることです。

 

そして、必要だと感じたら信頼できる専門家に相談してみると良いでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ